岐阜県iPhone情報

新型iPhone8買うなら|docomo・au・SoftBankの料金を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型iPhoneが出てから間もないが、未だに購入を検討している人は多いだろう。


本体の金額も高いし、決めかねている

各社の通信プランがいろいろあってよくわからない

本当にこの金額で持てるのか確信がもてない


という方たちのために各携帯会社である

 

  • docomo
  • au
  • SoftBank

の月額利用料金を比較してドコが一番お得に新型iPhoneが持てるのか比較してみました。

この記事をみて新型iPhone購入の参考にしてみてください。

新型iPhoneをお得につかうための料金比較

この料金比較をするにあたって、以下の条件を例にして説明します。

  • iPhone 8 64GB
  • 機種変更での契約
  • 直営店・オンラインショップでの価格
  • 税込み

 

では、比較を始めます。

各社の通信料金、基本料の比較

docomo au SoftBank
通話定額 カケホーダイライト

1,836円

スーパーカケホ

1,836円

auピタットプラン

1,598円

スマ放題ライト

1,836円

ネット接続料 spモード

324円

LTE NET

324円

ウェブ使用料

324円

データプラン データMパック 標準5GB

5,400円

データ定額5 5GB

5,400円

auピタットプラン 5GB

5,076円

データ定額 5GB

5,400円

端末代金、月額サポート(割引)

docomo au SoftBank
一括価格 88,776円 91,440円 91,440円 94,320円
月額サポート

24カ月

2,376円 91,440円 なし 2,810円
実質価格 31,752円 27,360円 91,440円 26,880円

2年間のトータルコスト

docomo:213,192円

au:208,800円

auピタットプラン:259,392円

SoftBank:208,320

一番お得な携帯会社はどこか?

ではまず、各社の通話定額プランを比較したときに、auの「auピタットプラン」が最安値だとわかる。さらにキャンペーンの適応で1年間毎月1,080円の割引される。

しかも、データプランも最安値の5,076円だ。通信料だけで言えば、各社との2年間の差額は合計26,448円安くなる。

一見、お得で安く感じられるのだが、このプランは月額サポート(割引)が適応されないために、その後ついてくる端末代がダイレクトに上乗せされるのである。

 

次に月額サポートをみてみよう。

SoftBankがダントツで割引金額が大きいのがわかる。

本体の金額が各社よりも高い為ではあるが、これは2年間のトータルコストを見るとかなりお得な割引なのだ。

しかも、SoftBankには端末代を48回払いすることができ、25か月目以降に残債が残っていても、端末回収を条件に機種変更をすれば残債免除という嬉しい特典もある。

うまく利用すれば、最新機種にもかかわらず誰よりも安いコストで利用できることになる。

また、docomoは既存ユーザーを大切にするため、ある程度の年数を使っているユーザーにはさらなる割引が適応される可能性があすので、docomoユーザーはまず問い合わせてみることを強くおすすめする。

まとめ

少しまえであればMNP(モバイルナンバーポータビリティー)を利用すれば、各社で大きな割引が適応されたのだが、近年ではその差は大差なくなっている。

新型iPhoneを使うならしっかりと各社の料金を吟味して、お得に新型iPhoneを手に入れよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加